×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グアムの旅行記。



Travel Report : Guam. November 28-December 01, 1991.
November 28, Thuesday - December 01, Sunday.

1day…初めての海外旅行。

世間ではバブル景気の残り香が微かに漂っていた当時(実際には既に弾けてたんだよね〜)。
オイラが勤めていた会社も遅れてブームに乗っかたらしく、社員旅行は海外へ。
社員旅行と言っても、基本は社員が身銭を切って積み立てているので、決して裕福な会社ではありません。そんな社員旅行の行き先は「GUAM(グアム)」と相成りました。
そして、コレがオイラの初めての海外旅行となったワケっす。

初めての海外旅行というコトは、まずはパスポートの取得から始まり。
会社の人達もほとんどの人がパスポートを持っていなかったので、 協力して仕事の都合をつけ順番にパスポートの手続きをしたっす。

さて、出発当日は午前中は通常通りに業務をこなし、外回りの営業さんが帰社するのを待って会社を出発。会社から「成田国際空港(Narita International Airport)」までは電車で移動っす。
最寄りの駅からゾロゾロと大人数でJRで上野まで移動。上野駅からで京成上野駅に移動し、スカイライナーに乗換えて成田国際空港まで。
降りたターミナルは確か第1ターミナルだったと思うんだな……。ウン。

利用した航空会社はさすがに覚えてないっす。
団体ツアーだったし、ターミナルが第1で行き先がグアムなので、たぶんノースかコンチあたりでしょう。まあ、日系の航空会社じゃないコトだけは確かです(当時乗った飛行機は機体後部に喫煙席があったんだよな〜)。

ハリケーン襲来っっ。

第1ターミナルのに到着し、指定された集合場所へ移動。そこで出迎えたツアー会社のスタッフから、とても、とても楽しい一言が……。
「え~、今、現地では観測史上最大級のハリケーンが襲来しまして、電気・水道が止まっていたり、お店やゴルフ場などクローズしている施設もございます」
はぁ? どよめく一同。出発前からアクシデントっす。
「なお、飛行機は飛んでますので、現地には行けます。一応、滞在予定先のホテルも営業はしてます……。このような状況ですが、いかがなされます?」
との事。んなコト言ったてねぇ、まあ、事前のクレーム回避なんでしょうけど。

そんなツアー会社からの情報を受け、急遽、その場で臨時の役員会議の開始っす。
しばしの時間相談した結果「旅行のために仕事を整理した都合もあるし、ホテルを営業してるし行けば何とかなるだろう」とのコトで催行決定!
一抹の不安は残るっすが、サクッとチェックインを済ませた一行は機上の人となり、夜空を飛びサイパンを目指したっす。

数時間前までいた晩秋の成田空港とは違い、むせ返る湿気の真夜中の「グアム国際空港(Antonio B. Won Pat International Airport)」に無事到着。それにしても、やたらと蒸すっす。ハリケーンの影響なんでしょうか? それとも元々湿気の高い場所なんでしょうか、着いた時から肌がベタベタするっす。 滞在先のホテルに向かうため、迎えに来たホテルへの送迎バスに乗り、湿気でベタベタする真夜中のグアム国際空港を出発。

空港を出ると夜中とはいえ真っ暗過ぎ、ホントに一寸先は暗闇の世界って感じっす。どうやら停電がまだ直ってないみたいです。 そんな状態なので、外の様子も分らず見えるのは水滴の付いたバスの窓ガラスのみっす。しばし冷房がガンガンと効いたバスに揺られ、無事にホテルにチェックイン。

事前に割り振ってあった部屋割り通りに、そそくさと部屋と移動。オイラは先輩のAさんと同室っす。仕事帰りだし、体は湿気でベタベタしてるし、早くシャワーを浴びてスッキリしたいトコっすが、ツアー会社の事前の説明が悪い方に的中。シャワーのお湯どころか水も出ませんっっ!
出ないものは仕方が無いので、今日はそのまま就寝っす(ーー;)。

2day…ひとまず観光。

朝食は何を食べたかなんて、さすがに覚えておりません。
でも、覚えているのは水が使えないので(トイレは大丈夫だった記憶が…)、お皿が紙皿でフォーク・ナイフのカトラリー類が使い捨て出来るプラスチックだったコト。尚かつ、レストランのスタッフがフォークやナイフを、目の前のプールで洗ってたりしたコト。
そりゃあ、確かに水はあるけどさぁ~、客に見えないトコで作業してもらいたいもんだ。

さて、簡単な朝食を済ませた後はサクッと島内観光っす。
昨晩に着いた時は、あまりの暗さで分からなかったっすが、道路脇の街路樹なんかは殆ど倒れまくってました。出発前に聞いた「観測史上最大級」は、決して誇張ではなかったのね。納得っす。そんな中、観光に来ているオイラ達は何々でしょうか?

島内観光はグアム観光の定番コースの「恋人岬」とか、某プロ野球球団がキャンプで使用した事で有名になった「パセオ球場」なんぞをバスで巡ったっす(ただ、強風と湿気がすごくて、ちとツラカッタ……)。 あと、途中で立ち寄ったショッピング・モール(DFSかもしれん)かどこかで、あまりの空腹に耐え切れずにハンバーガーとアイスクリームを買って食べた記憶が残ってるなぁ~。

ま、グアム島内や観光施設等の状態が状態だったので、島内観光の後はホテルのプールで泳ぐ人、テニスコートがあったのでテニスをする人など、それそれ適当に過ごしてたっす。

3day…ドリンク買うにも一苦労。

そして三日目だったと思うっすけど、急遽マリンスポーツ関係のOPツアーが取れたらしく、ランチ付きだったので全員強制参加。ランチを食べたまではいいんすが、マリン・スポーツをする気のないオイラ(そもそも水着すら持って来てない)はどうするか?
OPツアーで貰った地図をフト見ると、近くにスーパーらしき建物を発見。
時間つぶしに丁度良いと思いつき、会社の人の了承を得てプチ一人旅の決行っす。

さあ、出発と思ったら同行者が二人出現。ま、旅は道連れと言う事で男三人でテクテクと、目の前の広い道路を道なりに目的地へと歩きます。結構距離があったと思うのですが、何とか目的地にたどりついた一行。暑い中を歩いてきたので、のどがカラカラです。

周囲を見渡すと、敷地内にハンバーガー・ショップらしき店が見えたので、同行者のMさんのおごりでドリンクを買うコトに(Mさんが同行者の中で一番の年配者なのである)。もちろん買いに行くのは下っ端のオイラです。
しかし、オイラは英会話なんぞ出来ません(今でも出来ないけど)。果たして無事に買えるのか緊張もんです。さあ、勇気を出して作戦実行です。カウンターの向こうには、恰幅の良いお姉さんが待っています。

「コーラを三つ下さいな」。
あぁ、やっぱり通じないっす(@_@)。
会話は諦めて、ボディー・ランゲージに訴える作戦に変更。カウンターの上にあるメニューを指さしながらチャレンジしてみる、何故かあえなく撃沈(ToT)。
泣く泣くミッション失敗の報告し、とりあえず本来の目的地であるスーパー突入っす。

今、考えたら、ここでドリンクを買えばよかったんですけど、当時はそんな余裕もなく(てか、誰ひとりとして考えつかなかった)店内をウロウロと。たぶんTシャツか何かを買ったと思われるっす。

そして、のどの渇きを覚えつつも、集合時間がせまってきたので戻るコトに。
しばらく歩くと、ドラッグストアらしき建物が見えてきました。ついでに、その建物の脇に自動販売機を発見! 車線の多い広い道路を、車を避けながら渡り販売機の前へ。おおっ!紙幣が使えないではありませんか!

コインが無いと販売機でドリンクを買えないので、両替のためにお店の中へ。
しかし、先程のミッション失敗がオイラの頭をよぎります。念の為、サッと店内を見渡しますが、獲物(ドリンク)の姿は確認できません。
さあ、両替にチャレンジっす。

レジ・カウンターにいた店員さんに紙幣を差し出して、
「チェンジ」、「コイン」と単語を連発してみる。
最初は分からなかったみたいですが、二~三回続けて言ったら何とか通じたみたいっす。
何とか両替に成功し、これで念願の水分を手に入れた一行は、無事、OPを楽しんでいる皆と合流。バスに揺られホテルへと戻ります。

Lastnight…深夜便で日本へ出発。

夕飯は雨の中をバスに乗り、中華レストランへ行ったっす。
出されたメニューは結構豪華だったような記憶がするっすが、出て来た品数は多かったな。
ちなみにオイラは、この時初めて北京ダックを食べたっす。うまかった……。

さて、グアム最後の夕食を済ませたら帰国の準備っす。
グアムを深夜に発ち、早朝に日本に到着する便なので、手早く荷物をまとめなければいけません。
ホテルを夜中に出発なので、寝ている時間も殆ど無いっす(ヘタしたら寝過ごしてしまう。社員旅行なので置いてかれる心配はまり無いけどね)。
眠い目をこすりながらバスに乗りグアム国際空港へ到着。たらふく夕食を食べたとは言え、一晩中起きているので空腹です。

空港内にブッフェみたいのがあって、そこで何名かは軽く食事してたっす。
今はフードコートがありますけど、記憶違いがなければビュッフェだと思うっす。だって全てセルフ・サービスだったもん。自分でプレートに料理を盛って、最後に重さを量って料金を払った記憶が……。オイラも食べたコトだけは覚えているんだけど、詳しくは覚えて無いっす。

搭乗時刻が来たので飛行機に乗込み、到着時と同じく夜中のグアム国際空港を出発。
日の出を背に飛行機は成田国際空港へと無事に到着。
ホテルの水回りが調子良く無いままだったので、男性陣はほぼ全員ヒゲを伸ばしたままで帰国となったす。


Travel Report : Guam. November 28-December 01, 1991.