×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイパンの旅行記。



Travel Report : Saipan. January 13-16, 1995.
January 13-16, Friday-Monday.

今回はサイパン。

トラベル・リポート番外編の二回目の行き先は、またまた南の島。
今回はサイパンです。
当時、オイラが勤めていた会社は決して右肩上がりの業績ではなく、どちらかと言うと業界自体が芳しくない会社。それでも社員旅行に行けるのは、社員達が旅行費用を積み立てているからなのです(会社側の補助もあるけどさ)。

さて、出発当日は早朝のフライトなので、当時近所に住んでいた会社の先輩の車に乗せてもらって成田国際空港へと向かったっす。
第1ターミナルの集合場所に着き、他の皆と雑談をしている時にフライト・スケジュールのボードが目にとまり、フト何気にオイラ達が乗るフライトを見ると……。

な、なんと!「欠航」の文字が。

ツアー会社の担当者に話を聞いてみると、またもや「台風」っす。
台風に好かれてるなぁ、この会社(T_T)。

結局、この日は中止となり、また後日に改めてというコトにして、その場で解散。
せっかく早起きして来たものの、トンボ帰りで来た道を戻るハメとなり、とんだロング・ドライブとなったもんす。しかし、オイラは帰りのルートが途中まで一緒だった社長ご一行にお呼ばれされ、昼食を食べるコトとなり、残念会と称して焼肉をゴチになりました(^^)。

1day…今度こそサイパンへ。

で、時は流れ、今度こそサイパンへと旅立ちです。
前回と同様に朝便だったので、またまた先輩の車に乗せてもらい、成田空港へ向かったっす。
今日はちゃんと飛ぶようなのでヨカッタ〜。
成田空港に到着し、ツアー会社の人から簡単な説明や注意事項等を受け、ほどなくして機上の人となり、さして美味くもない機内食を食べ終わると「サイパン国際空港(Saipan International Airport)」に到着っす。

して、空港から外に出てみると、 「う~ん、快晴!!」
空港から送迎バスに乗り、まずはお決まりの島内観光。

宿泊先の「Hafadai Beach Hotel(ハファダイ・ビーチ・ホテル)」は、サイパンの中心地からは離れているらしいですが、ホテルの向かいはDFSと銀行が。そしてホテル入口の隣には「Hafa-Adai Shopping Center(ハファダイ・ショッピング・センター)」や、ハワイでお馴染みの「ABC Stores(ABCストア)」などがあり、何気に便利かもしれないっす。
それにオン・ザ・ビーチのホテルだしね。

部屋に入ると、前回のグアムのホテルの部屋よりも明らかに広いです(^_^)。
低階層なので、庭に生えている木が邪魔ですが、目の間の海はしっかりと見ます。
同僚のY君が呼びに来たので、二人で周囲を散策。

天気がいわゆるピーカンだったので、どちらかともなく
「泳ぎたくね?」
と、いうコトになったんすが、
「あ、海パン持ってきてないや」
「俺も〜」

てなワケで、ホテル横のABCストアで海パンをゲット。ついでにビールやお菓子等などを買い込んだっす。部屋に戻り着替えてビーチに行くはずが、何故かダラ〜ン……(そういやカールのチーズ味が売っていたので、もちゲット。UCCの缶コーヒーもあったな。向こうには缶コーヒーは無いと聞いていたので、ちとビックリ。でもビールより高かった)。ダラダラしている間に夕食の時間になってしまったので、集合場所のロビーへと向かったっす。

サイパン初日の夕食は、ホテルの中庭にあった鉄板焼きのレストランでシーフードがメインの鉄板焼きだったっす。
飲ん兵衛の多い会社っすが、オイラは食いに走り満足、満足。

2day…ビーチでランチ。

サイパン旅行二日目。
今朝は年配の方々が、朝食に日本食を所望していたので、流れでオイラも一緒にホテル内の日本食レストランへ。期待はしていませんでしたが、期待通りに失敗っす。
朝食の席にY君の姿が見えなかったので、同部屋のNさんに 尋ねてみたら、Nさん曰く「飲み過ぎで起きない」らしく、部屋に置き去りにしてきたとのコト(Y君は酒好き。ちなみに同部屋のNさんも無類の酒好きなのである)。

食後、部屋に戻る途中にロビーで会社の女の子達とバッタリ。
朝食の席にいなかったので話を聞いてみると、どうやらオイラ達が行った日本食レストランとは別に洋食バイキングがあったらしく、そちらで朝食を摂ったとの事(建物の両端に、各々レストランがあったらしい)。ちっ、オイラも洋食にすれば良かったっす(ーー)。
明日は「そこで食べよう」と密かに心に誓い、ついでなので飲んだくれのY君を起こしに行き、部屋でダラダラと。

しばらくして、ようやく正気に戻った同僚とホテル近辺を散策っす。
ついでにお土産屋などを冷やかしホテル内も散策して午前中も終了。
予定では午後からゴルフ組と居残り組に別れ、別行動となるっす。
オイラは勿論居残り組。

今回は社員旅行というコトなので団体行動が鉄則。年長者のNさんを居残り班の班長に仕立てあげ、実権をオイラと同僚のY君で握り、後輩のMちゃんにYちゃん。同じく後輩のA君と先輩のH氏の七人でホテル前のビーチへ。ビーチにはパラソルやテーブル・イス等がセットしてあるので、その内の1セットをゲット。

ちょうどランチ・タイム時だったんすが、何とNさんがスポンサーとなってくれ、若者衆でランチの買い出しに行くコトになったっす(ついでに先輩のH氏にも資金提供をやさしくせまり、しっかりゲット)。サンドイッチやバーガーっぽい物や、目にとまったカレー風味の煮込みなど数種のおかずを買い込み、ABCストアでNさんの為のビールやジュースを買い戻ります(もちろんオイラやY君も飲みますわ)。

晴れていた前日と違い曇り空でチョイと寒空の中、テーブルの上に調達してきた戦利品を並べ、ワイワイ、ガヤガヤとピクニック気分のランチ・タイムっす。B級ど真ん中のランチですが、なかなかコレが結構美味しかったっす(オイラ的にはカレー風味の煮込みがヒットでした)。
この後、皆で食べつ飲みつつ、若者はナマコちゃんを避けつつ、波に遊ばれてました。
オイラも本当に久しぶりに海に入りましたわ。

夕食はディナー・ショーだったかな〜。ポリネシアン・ダンスのダンス・ショー付きのコースで、お決まりの観客皆さんもご一緒にってヤツっす。オイラの会社からは社長が見事に拉致られてステージ上に。大抵普通の日本人だとノリがいまいちなのですが、うちの社長はこの手の宴会ノリが大好きでして、しっかり笑いを取りアピールしてたっす。

3day…わがままに別行動〜

サイパン3日目は低価格ツアーにつきものの免税店・お土産物屋巡りっす。
お店の名前は忘れちゃいましたが、海岸沿いにあったような気が。オイラとY君は特に買う物もないので、目の前の道路を渡り、天気が良かったので海岸沿いでTシャツを脱いで 日光浴♪

その後は、島内を適当に観光してランチを摂りに「Pacific Islands Club Saipan(PICサイパン)」へやって来たっす(何を食べたか覚えてない)。ちなみに、この後の予定を聞くと午後からオプショナル・ツアーとして、このままPICサイパンでのディナー付きのアクティビティ半日コースだそうです。

あまり気が乗らないオイラは、たまたまランチで隣に座っていた陰の権力者K女子に耳打ち。
「若い衆だけ別行動してもよい? 責任はオイラが取るから」
「メンバーは?」
「オイラとYでしょ、もしかしたらAとMとYも来るかも」
「社長に聞いてみるね」
社長を口説くにはK女子を落とせば、ほぼ100%なのです。

なんとかOKをもらい、さっそくY君にご報告〜。
最初から離脱してもツアー代金は戻ってこないと言う事なので、とりあえずアクティビティ・スペースには一度行くコトに。まずはグルッと散策。
適当に敷地内を回り一息ついたところで、行動開始っす。Y君とオイラで、一緒に離脱しそうなメンツに声をかけてまわったら、結局、上記のメンバーになったっす。
メンツが揃ったところで、社長とK女子に声をかけて挨拶を済ませ、PICサイパンのロビーからタクシーを使い滞在先のホテルまで移動っす。
人数的に一台に乗り切れなかったので二台に別れての移動です。

まず最初にY君とA君。次にオイラとMちゃんにYちゃんで。みんな海外でタクシーは初体験っす。単純な単語さえ通じなかった前回の苦い記憶が蘇るっす。
「ドコ行くの?」
「ハファダイ・ビーチ・ホテル」
「あいよ!」
おおぉ!! 何とか通じました(おおげさだって?)。
先輩のメンツも保てましたがな。

そんなこんなで無事にホテルへ到着っす(チップも忘れずにドライバーさんに)。
時間を決めて再度集合って事にして、いったん部屋に戻り散り散りに。

ロビーに集合しリクエストを募ってみると、とりあえず「お土産を買いたい」と言う女の子のリクエストにより、まずは目の前のDFSへ。
店内を適当に冷やかして適当にブツを買い、次はこれまた近所のお土産屋へ。
たまたま、Mちゃんが気に入った物があったので、皆で「おっちゃん、まけてよ~」と、
お店のおっちゃんにディスカウント攻勢。
多勢に無勢なのか、おっちゃん遂にギブアップしてディスカウントに成功っす。
ディスカウントした値段にMちゃんが納得したのでお買いあげ。

振り返ると、一緒にこうどうしているはずのA君の姿が見えないっすっっ!
さあ、大変。何かあったら、オイラの責任になってしまうではありませんか!!
慌てて、お店を飛び出し周囲を見渡すと道路の反対側にA君の姿が。
無事、発見したので「ホッ」。
聞けば、道すがらに気になったお店があったので、フラッと吸い込まれたそうな。
そんな彼の手にはCDが2~3枚握られておりました。

そんなドタバタもありつつ、気がつけば夕食時間となったっす。
今日は自分たちでゲットしなければ夕飯はお預けです。
聞くところによると、ホテルを出て海岸沿いを左手に進んで行くと、サイパンで一番の繁華街があるそうです。
とりあえず、そこを目指して出発する事にするっす。

ホテルを出ると、幹線道路沿いのくせに「え?」と言うくらいの真っ暗。
しかしオイラ達は歩くしかないので、道路脇から何か出てきそうな雰囲気の中、たま〜に脅かしあいながらテクテクと歩いていったっす。しばらくして、明かりのある方向へ無事に生還。
繁華街と言うだけあって、さすがにお店がいっぱい(あくまでサイパン基準ね)。

どこで食事しようか、皆でキョロキョロ探してみたっすが、相談した結果、全員の懐具合に優しそうなフード・コートもどきへ(一時、日本でも流行った屋台村みたいな感じ)。
各々好きな物をってんで、ラーメンとか焼き鳥みたいな物をチョイスして、中央に設置してあるテーブルへ持ち寄り、サイパン最終日の夕食っす。
ちなみにラーメンはインスタント・ラーメン(サッポロ一番でした)。 場所が場所だったんで、ちょっと帰国後に気になり聞いてみたんですが、結構楽しかったのコト。良かった〜。

そして、食べて飲んだ帰り道。
途中にあった怪しげなお店に吸い込まれる一行。
何故かエロエログッズを満喫し、ホテルへ帰りました。

Lastday…あっと言う間に帰国。

さて、今日は帰国日です。
嬉しいコトに、帰りの飛行機は午後便なので、午前中もゆったりとできるっす。

オイラはY君と二人で、ホテル近辺を散策。
昨夜は真っ暗だった道を、今度は明るすぎる日射しの中を歩きます。
「何にもないね」
「ホントだわ」
周りに何もないのよ、コレが。両脇が草だらけっす。草むらの中で誰かが待ち伏せしてても分かりません。女の子連れでだったので無事に帰って来れて良かったわ。

そんな散歩の途中に何気にカッチョよさそうなお店を発見。
しかし、まだオープン前らしく掃除中の様子。
だけど、外でキョロキョロしていたオイラ達に気がついたのか、お店のお姉さんが「おいで」というので、お言葉に甘えて遠慮無くお店にお邪魔っす。
たまたま、オイラ好みのデザインのTシャツがあったので、オイラはそれをゲット。

Y君はレジの脇に置いてある、ナツメみたいな木の実に注意をひかれてるっす。
「コレ、きっとドラッグだよ」
Y君の目が怪しく光りまくってます。
「ホントかね?」
オイラは???です。
Y君はお姉さんに、例のナツメみたいな木の実を指さして必死に確認中。
「トリップ?」
「YES」
オイラはどう見ても、ナツメに見えないのだけど……。
Y君は、お姉さんの言葉を信じて、ご購入(^^;)。

帰りは浜辺を歩きながら、例のナツメもどきを早速試すコトに。
結果はトリップはトリップでも、お金がトリップしただけで一口かじって海にサヨナラしてたっす。
ついでに、お腹が減ったのでホテル近くの日本料理屋に。
二人して「天ざる」を食し、ホテルへと戻ったっす。
そういえば、レストランとかの料理店の脇に「ヤシガニあります」のノボリがいっぱい立ってたんだよなぁ。名物なのかな? チャレンジしてみれば良かったかも。

ホテルに戻り部屋でダラダラしていると、外が何か騒がしい様子。
「どしたの?」
「Fさんが海に飛び込んで、頭切った!」
あとは、飛行機に乗るだけってのに……。まあ、トラブルが好きな会社です。
とりあえずFさんは、救急車に乗って病院に直行する騒ぎになったっす。

病院へ向かったFさんが、同じ便に乗れるかどうかはこの時点では分かりません。
他の皆は時間もせまってきたので、ホテルをチェックアウトをして空港へと移動っす。
心配されFさんは別便になる事もなく、頭を包帯でグルグル巻きにされた状態で、無事に空港に到着。

手当を受けた病院では「気圧で傷口が開くかもよ」と医者に言われたそうな。
ケガ人を乗せた飛行機はサイパン空港を出発し、一路成田へ。
Fさんの傷も開く事も無く、無事に成田空港に到着。
何かしらやらかす、社員旅行もこれで終了っす。



Travel Report : Saipan. January 13-16, 1995.