×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイ、カウアイ島とオアフ島の旅行記。

Travel Report in Hawaii Islands : Kauai & Oahu, Hawaii. July 19-26, 2008.
3day : July 21, Monday.

カウアイ・サンライズ。

カウアイ島滞在三日目の朝っていうか、今日はオアフ島への移動日なので、滞在最後の朝っす。 昨夜も初日の夜に続き、ナイト・レインボーを探して軽〜く夜のカウアイ島を徘徊してましたが、翌日の移動用のレンタカーをピックアップしなければいけない事と、オアフ島への移動の撤収準備が控えてるので、それなりの時間で収めてコンドへと撤収〜。
「Nawiliwili Park」を通り抜け。
木々の向こうに朝焼けが。
カウアイ島の夜明け。
コンドに戻ってもパッキンの準備や、写真の整理等でワイワイ、ガヤガヤと 、すぐには「おやすみ」とはいかなかったっすが、それでも昨晩よりは早めにベッドに潜り込む事に成功。
翌朝は何とか五時過ぎに目が覚めベッドから這い出す事に成功。軽く身支度を済ませたら皆を起こさないように、そ〜っとコンドを脱出してカメラ片手に朝の散歩っす。

ハワイ滞在時は、早朝の散歩が半ば日課となているオイラっすが、初日の昨日は見事に撃沈していたので、カウアイ島の早朝散歩は移動日の今朝がラスト・チャンス。ただ、滞在中のコンドではネットへの接続が出来なかったので、周辺の地理が分らないのは多少不安っすが、まあ、何とかなるでしょう。
燃える様な朝焼け。
空のグラデーションが何とも。
だいぶ明るくなって来た(右手は港があるらしい)。
まずは、コンドの前を走る58号線を渡り「ナウィリウィリ・パーク(Nawiliwili Park)」へ。
ここはナウィリウィリ湾(Nawiliwili Bay)に面していて、海を正面に左手にはカラパキ・ビーチ(Kalapaki Beach)。その後ろには「カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチ・クラブ(Kaua'i Marriott Resort & Beach Club)」がデンッ構えており、右手は港に繋がっています。

運が良い事に滞在時は季節的にちょうど、ほぼ正面に太陽が昇る方向だったらしく、行き当たりばったり的にコンドを出て来たけれど、素敵なサンライズを見る事が出来たっす。

コンドの周りを歩いてみた。

太陽が昇り空も明るくなったので、ナウィリウィリ・パークからは撤収して、コンドの周りをサクッと散策して部屋に戻る事にするっす。見慣れているワイキキでも、早朝に出歩いている人は多くないとはいえ、それなりに少なくない人の姿は見かけるのだけど、この周辺は出歩いている人の姿は殆ど無いっす。
空港は目と鼻の先。
ニワトリさん。
クジラのフォルムが可愛い。
カウアイ島を走るバスのバス停。
そんな静かな印象のリフエの朝ですが、そこらを気ままに闊歩している野性化したニワトリさんだけは、元気に鳴き声を出しながら走り回っております。近くに「ABCストア(ABC Stores)」があるのを発見したっすが、まだオープン前だったのでUターン。しかし、このまま真っ直ぐコンドに戻っても物足りないので、周辺の写真を撮りつつ、地味にユックリとコンドへ。
コンド周辺。
道路沿いから見たコンド。
バニアン・ハーバーの外観。
お世話になったバニアン・ハーバー。
そういや、明るい時間に滞在しているコンドをまじまじと見たのは、この時が初めてだったかも。実際、寝るだけに帰って来ていた様なもんですからね、この二日間は。
オイラ、部屋以外は喫煙所しか知らないし(^^;)。

部屋に戻ると、徐々に皆も起き出し、今まで静かだった部屋は一転ガヤガヤと賑やかに。
オイラは既に着替えているので、荷物の最終チェックだけ。そうこうしている内に、観光ツアー中に撮影した写真のCDを渡しにボビさんが。
ボビさんに道中お世話になったお礼を済ませ、部屋から荷物を出したら、後はチェックアウトを済ますだけっす。

最後のお買い物。

オアフ島に向かう飛行機は午後の便なので、早い時間からドタバタしなくてもいいはずなんすが、買い残した物を買い求めるため出発までの時間を使い、最後の買い物ツアーと相成りました。まずはコンドのチェックアウトを済ませ、荷物はフロントに預けたら、前夜に借りたレンタカーに乗込んでコンドを出発っす。

向かった先はワイポウリ(Waipouli)にある「カウアイ・ビレッジ・ショッピング・センター(Kauai Village Shopping Center)」っす。と、いっても実際の目的は、その中にある「ロングス・ドラッグ(Longs Drugs)」なんですけどね。
「Longs Drugs」。
スタバのチョコを発見。
オイラは特に買い物の予定はなかったんすが、見れば欲しくなるのが人の常ちゅうワケで、スタバのチョコとシナモン・トーストをお買い上げ。実は昨日寄った「カウアイ・クッキー・カンパニー(Kauai Kookie Konmany)」で買うつもりだったのが、残念ながら品切れで買えず、夜に寄った「ウォルマート(WAL★MART)」にも置いて無く、最後の望みをかけてココのロングスに来たらしいっす。
携帯サイズのケチャップ。
ハワイテイスト柄の砂糖。
無事、目的の物を発見し、慌ただしく買い込んだら、直ぐにコンドへと引き返し、荷物を受け取って空港へと移動っす。

リフエ空港。

買い物から戻り、荷物を受け取って空港へと向かう訳っすが、借りたレンタカーでは、一度に全員と荷物が乗り切らない事が判明(ーー)。幸いにも空港とは距離が離れていないし、時間に余裕もあるので、二回に分けてコンドと空港間をピストン輸送する事に決定。
リフエ空港にあるカウアイ島のサイン・ボード。
いわゆるラッシュ時っぽいので、人気がある。
リフエ空港の様子。
まず前発組としてオイラと841。それとレンタカーに積めるだけの荷物が空港行き。
ちなみドライバーはHanaleiさんです(その間、残された二人は当然お留守番ですね)。
空港で降ろされた後は、後発組のHanaleiさん達が戻って来るまで、交代で荷物番をしながら撮影タイム。オイラはついでに一服させてもらったりしたっす。
ココで吸ったのは二日前の事。
これでも充分に賑やかなのよ。
後発組と合流し、チェックインして荷物を預けたら、Hanaleiさんに拉致られて駐車場の隅で最後の一服っす。手荷物検査を受けて空港内へ。後は飛行機に乗ってオアフ島へと移動です。

お腹が減ったぞ、リフエ空港。

チェックインを済ませ、搭乗を待つだけとなった「リフエ空港(Lihue Airport)」。
この日は、朝からちゃんとした食事をしていなかったし、搭乗まで時間もあるという事なので空港内で軽く食事をとる事にしたっす。

リフエ空港内には幾つかショップがありますが、今回は「ちゃんとした食事」という希望で空港内のレストランへ入ってみました。レストランといってもフード・コートみたいな雰囲気な場所ですけど(まあ、小さな空港ですしね)。
空港内の様子(奥にショップが見える)。
空港内の壁画(モザイク画?)。
今回利用したレストランの入口。
レストランの右手奥にスタバもあった。
壁にはハンバーガーやラーメンのネオン・サインが飾ってありましたが、店内のメニューボードにはプレート系のメニューをあり、それなりの種類がある感じっす。中にはサンドイッチ等も売っていましたが、アレコレ悩んで外すのもイヤだし、お腹も減っていたので、お腹にたまりそうなプレート系メニューから定番のカルビをチョイスっす。場所が場所なので味について望んでも仕方が無いトコっすが、それなりにってトコでしょうか?(オイラは普通に食べられますけど)
カルビ・プレート(緑の欠片もないやね)。
ユナイテッドの機体(メインランドへの直行便?)。
ハワイア〜ン。
店内からは滑走路が良く見えるので、軽い食事とドリンクで時間潰しに利用してもいいのかな〜。 「お腹が空いたな」「でも、他に寄ってる時間も無いしな」って時には、利用してみるのもひとつの手かと。

カウアイ島からオアフ島に移動です。

二泊三日の短い滞在でしたが、色々と濃かった初めてのカウアイ島。
そんなカウアイ島から移動して、今日から残りの四泊はオアフ島に滞在っす。
搭乗時刻が来たので「ハワイアン航空(Hawaiian Airline)」の飛行機に乗って再びホノルルへと向かいます。

座席が進行方向に向かって右側だったので、離れ行くカウアイ島も拝めず、途中の景色も海ばかり。もっとも雲が多かったので、その海ですらあまり見られませんでしたが(>_<)。
搭乗ゲートへ向かいます。
オアフへと向かう空(雲が多いな〜)。
ホノルル空港に到着。
預け荷物を受け取ってワイキキへ。
オアフ島ではHanaleiさん達とは、別々の宿も別々だし基本は別行動なので、ひとまず「お世話になりました」と、一応ここでお別れの挨拶。
オイラはオアフの定宿「ワイキキ・ゲートウェイ・ホテル(Waikiki Gateway Hotel)」。ちなみに841も同じ宿です。

同じホテルに向かう自分と841は、シャトル・バスの待ち時間が面倒だったのでタクシーで移動したのですが、二人なのにリムジンタイプのタクシーに乗る事に。料金は同じなので構わないのですが、二人だと広すぎて落ち着かなかったな〜。

ワイキキにやって来た。

普段、ワイキキのホテルにチェックインするのは、午前の早い時間帯ばかりなので、夕方近くの時間帯にチェックインするは何か変な感じもしますが、さすがに待たされる事もなくスムーズに部屋へと入れました。すんなりとチェックインをしたっすが、荷物の整理もそこそこにロビーへと。841とロビーで待ち合わせをしてワイキキの街へと繰り出し、夕食ついでにサンセットでも見ようってトコっす。時間もいい時間だしね〜。
このバスを見るとハワイって感じ。
クヒオ・アベニューを歩いて行きます。
ちなみに変則日程の841は明日の帰国なので、空港行きのタクシーを予約しに「JCBプラザ」に行かなければならず、ならばと当時、既にブログを始めていた841の為に「ネタ的にちょうど良かろう」と、タクシーの予約を済ませたら直接ビーチへと向かわず、当時リニューアルが終わったばかりの「ロイヤル・ハワイアン・センター(Royal Hawaiian Center)」を見物し、何かネタを拾ってからビーチへと向かう事にしたっす。

そんなワケで、人混みの少ないクヒオ・アベニュー(Kuhio Ave.)を写真を撮りながら歩き、まずは「JCBプラザ」へと向かったっす。
ロイヤル・ハワイアン・センターから見た「Royal Hawaiian」。
西日を浴びるシェラトンとピンク。
ロータリーの奥はシェラトンだっけ?
よくよく考えたら、オイラも帰りのタクシーの予約をしなきゃいけないので、ついでに手配。
「JCBプラザ」でタクシーの手配を済ませたら、カラカウア・アベニュー(Kakakaua Ave.)を挟んだ向かいにあるロイヤル・ハワイアン・センターへと移動っす。
今日はショッピング目的では無いので、適当にプラプラと歩き、新しく出来たフード・コート「パイナ・ラナイ(Paina Lanai)」を覗いてみたりと、ネタ探し。
吹き抜けにぶら下がっていたオブジェ。
ロイヤル・ハワイアン・センターはリニューアルとは言え、営業しながらのリニューアル作業だったので、そんなに大きく変わった感じは受けませんでしたが、さすがに全体的に垢抜けた雰囲気。動線の直感的の無さは(オイラ的に)相変わらずの様な気もするっすが、明るい雰囲気になったのはヨロシイかと(何故に上から目線?)

ワイキキ・サンセット

ロイヤル・ハワイアン・センターを適当にプラプラしたら、次はビーチでサンセット。 今日はワイキキの中心部まで来たので「カパフル・ピア(Kapahulu Pier)」の辺りへ行っても良かったのですが、ここからだと少々歩くのでサンセットの雰囲気だけでも楽しめればと、近場のクヒオ・ビーチ(Kuhio Beach)でのサンセット見物っす。
モアナに寄り道。
ビーチバーは賑やかだった。
七月下旬のワイキキのサンセットの様子はこんな感じで陽が沈んで行きます。
しかし、残念ながら七月も半ばのこの時期は西側のエヴァの稜線に遮られてしまうので、ワイキキの海に沈む夕陽は見られません。多くの人が訪れるであろう夏場が、ちょうどワイキキの海に沈む夕陽が見られない時期なんですよね、何という皮肉。

クヒオ・ビーチの交番寄りのワイキキの真ん中辺りは、シェラトンが邪魔になるので、クヒオ・ビーチの東側の外れのカパフル・ピアまで行くか、それよりもさらに東へ。西側はフォート・デ・ルッシー・ビーチ(Fort De Russy Beach)辺りなら、遮蔽物が少ないのでそれなりに楽しめるかなと(それでもエヴァの稜線に隠れちゃうんですけどね)。
波と戯れるお姉さんと、
子供達。
ワイキキ・サンセット。
物足りないサンセットを見終え、カラカウア・アベニューを歩いていると、先程ホノルル空港で別れたばかりのHanaleiさんのお姉さんとHanalei Jr.君とバッタリ遭遇(Hanaleiさんは出掛けているらしい)。ちなみにHanaleiさん達のワイキキの滞在先は、あの有名な某高級コンド。
お互い急いでいるワケでもないので、話しのタネにコンドを見学させてもらう事にしたっす。
オイラの経済力では、こういう時でもないと入れないので、遠慮せずにお邪魔しちゃいました(^^;)。
部屋の窓からはダイヤモンド・ヘッド。
そしてラナイからはワイキキの海が。
他人様の滞在先なので、お部屋からの景色だけを写真に撮らせてもらったっす。
いや〜ね。一度くらいは泊まってみたいもんですね〜。
ハワイ行きを何回分我慢しなきゃいけないんだろう?

夕食は「China Garden」へ。

Hanalei Jr.君達と別れた後はオアフで最初の夕食の時間。
今日の夕食は841と一緒なので、オイラにしては珍しくレストランで食べる事にしたっす。
ちゅうか、食べたい物があるのだけれど、一人だけだとまず行かないので付き合ってもらったって感じ? 向かった先は「アクア・ワイキキ・ウェーブ・ホテル(Aqua Waikiki Wave Hotel)」にある「チャイナ・ガーデン(China Garden)」です。チャイナという名前の通り中華料理のお店っす。
「チャイナ・ガーデン」。クヒオ・アベニューのアクア・ワイキキ・ウェーブ・ホテルのロビー奥にある。
こちらカニの黒胡椒焼きが有名らしいのですが、オイラの目的は「海老マヨ」だったりします。
今回は841と二人なので品数は頼めませんが、何やかんやで四品ほどオーダー。

まずは目的の海老マヨ。
野菜も欲しいので、空芯菜のニンニク炒めにスペシャル・チャーハン。
それと牛肉と平打ち麺のブラック・ビーン・ソースがけ。
まあ、案の定食べきれずに持ち帰りコースとなりましたが(^^;)。
「Prawns w/Mayonnaise & Honey Walnuts」いわゆる海老マヨ。コレが食べたかった〜。
「Ong Choi w/Garlic Sauce($8.95)」空芯菜のニンニク炒め。
今までに数回程コチラで食事をした事があるっすが、タイミングの問題でしょうか? 店内が広い割には、いつも空いている印象があるんですけど。。。
でも、味的にはオイラは全然問題無しなので、機会があれば行きたいお店のひとつでもあるっす(まあ、評判が悪くて人気がなければ、長い間営業してないわな)。
「Beef Chow Fun w/Black Bean Souce($8.95)」牛肉と平打ち麺のブラック・ビーン・ソースがけ。肉類もひとつってトコで頼んでみた。
「House Special Fride Rice($8.95)」。普通のチャーハンでも良かったのだけれど、思わずスペシャルに。。。
お店はクヒオ・アベニューにありますが、ホテルのロビーの奥にあるので外からは一見分り辛いので、ワイキキ・ウェーブ・ホテルを目指せして行けば迷う事はないでしょう。

JCBカードをお持ちの方は、事前に「JCBプラザ」等で割引クーポンをGETしておくのがおススメっす。カード利用が条件ですけど、確か20%引き(今は下がってる?)だと思ったので、利用すればチップ分が浮くはずっす(レシートはチップ込みで来ました)。

三日目の夜も終り。

お腹も苦しいし、予定外の荷物も出来たのであまり寄り道をせずにホテルに帰着。
明日に帰国の841ですが、遅めの帰国便なので朝は時間に余裕があるらしく、ならばと早めに起きて帰国前に軽く散歩をする事にし、待ち合わせ時間を決め、翌朝ロビーに集合する事を確認して解散。

ちなみに先程To Goしたチャイナ・ガーデンの余り物は、居残り組のオイラの元へ(残すだろうなと思いましたが、やはり冷蔵庫の肥やしとなったっす(ーー;))。
ワイキキ・ビーチにて。
明日からは一人旅っす。
四日目に続くっっ。!!


Travel Report in Hawaii Islands : Kauai & Oahu, Hawaii. July 19-26, 2008.