×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイ、カウアイ島とオアフ島の旅行記。

Travel Report in Hawaii Islands : Kauai & Oahu, Hawaii. July 19-26, 2008.
5day : July 23, Wednesday.

朝食はサクッと手近なところで。

滞在五日目の朝っす。
今日は早めに出掛けるつもりなので、ハワイ滞在中の日課である朝の散歩はお休みして、サクッとホテルの近場で朝食を調達っす。
向かった場所は、オイラが滞在中のホテル「ワイキキ・ゲートウェイ・ホテル(Waikiki Gateway Hotel)」とクヒオ・アベニュー(Kuhio Ave.)を挟んで、斜め向かいに建つホテル「アンバサダー・ホテル・ワイキキ(Ambassador Hotel Waikiki)」。
この店舗は場所柄か、日本語メニューがあります。
「The Coffee Bean & Tea Leaf」。
このホテルの1Fに入っている「コーヒー・ビーン&ティー・リーフ(The Coffee Bean & Tea Leaf)」で調達して来ました。
この場所は、以前にキモ・ビーン・コーヒーが入っていたのですが、テナントが入れ替わったみたいっす。オイラはキモがお気に入りだったのでチト残念(近くて便利だったのに……)。

ワイキキ内の店舗だからか、はたまた日本人ツアー客の多いホテルに入っている店舗だからなのかは分りませんが、コチラの店舗はメニューに日本語表記がしてあるので、英語が得意でなくても何とかなるので、便利っちゃ、便利っす(日本語が通じる訳ではないですけどね)。
今日の朝食はラテとシナモン・ロール。
さて、お買い上げはラテとシナモン・ロール。
コレをホテルの狭いラナイでパクつく訳ですが、一見すると風情の欠片も無い、そんな狭いラナイでの朝食もワイキキの街が本格的に動き始める音を聞きながら頂くと、コレはコレで至福の時間なのであります(ーー)。

バスに乗って出掛けよっと。

さて、朝食を済ませたところで本日のお出掛けタイムっす。
今朝はあまり良い天気ではありませんが、これから良くなる事を願ってホテルを出発。
まずは、ホテル前のバス停からバスに乗って「アラ・モアナ・SC(Ala Moana Shopping Center)」まで。今日はココでバスを乗換えて、カイルア(Kailua)・ラニカイ(Lanikai)方面に行く予定っす。

乗換えのバスは山側のバス停が始発なので、確実に座りたいなら山側に移動するべきっすが、オイラは面倒臭いので降りた海側のバス停で乗換えのバスを待つタイプ。
ほどなくしてやって来た57番のバスに乗込み、まずはカイルアの町へ向かうっす。
カイルア方面のバス停。
早く乗換えのバスが来ないかなっと。
今日のメインの目的はラニカイなので、再びカイルアの町でバスの乗継ぎがあるんすが、アラ・モアナ・SCを一本遅いバスに乗ったらしく、カイルアの町中で降りると次のバスが来るまで時間があり過ぎ(^^;)。

ちなみにバスでカイルアのビーチやラニカイへと行くには、カイルアの町で70番のバスに乗換えれば、あっと言う間にカイルア・ビーチやラニカイへと辿り着けるんすが、このバスは1〜1時間半と運転間隔が長いので、時間が合わなかったら歩いて行った方が早いっす。
テクテクと歩くっす。
ちょっとした物がハワイっぽい。
この近辺は、この手のカスタマイズしている郵便ポストが多いよね。
既に具合良く乗継ぎが出来ないのが判っていたので、少しでも歩く距離を減らす為にカイルアの町中ではなく、出来るだけビーチ寄りのバス停で降りるつもりだったんすが、あろう事かオイラは予定していたカイルア・ロード(Kailua Rd.)がビーチへと左折する手前のバス停で降りずに、その手前のバス停(メイシーズの一つ先のバス停)で降りてしまい、チンタラと余計に歩くハメに(ToT)。
カイルア・ビーチ・センター。
ここまで来たらビーチは目の前。
カイルアって言ったら、このお店「Kalapawai Market」。
まあ、幸いにというか何ちゅうか、雲が多い空模様だったので炎天下の中を歩かずに済んだっすが、果たして喜んでいいのやら……。
晴れていれば、晴れたいたで、道路沿いの民家の庭先やら塀に咲いてる花々や木々の緑がキレイに映えるんで、写真を撮りながら歩いても楽しいんですけどね(って言いながら、晴れていれば暑くて文句を言うのである)。
着いたぜ、カイルア・ビーチ。
一番好きなカイルアのサイン・ボード。
とりあえず「カイルア・ビーチ・パーク(Kailua Beach Park)」に到着。
カイルアの町から歩きっぱなしだったので、休憩がてらカイルア・ビーチの様子を覗いてみましたが、今ひとつの天気なのでやっぱりな感じ(ーー;)。
ひとまずスルーして、そのままラニカイへと向かう事にしたっす。

リベンジ! ラニカイ・トレイル。

曇天の中カイルアの海を横目にモクルア・ドライブ(Mokulua Dr.)を歩き、ラニカイの入口で二股に別れているモクルアDr.から山側のアアラパパ・ドライブ(Aalapapa Dr.)へと進み、カイルアにあるゴルフ場「ミッド・パシフィック・カントリー・クラブ(Mid Pacific Country Club)」へと続く、カエレプル・ドライブ(Kaelepulu Dr.)の坂道を上ります。
ラニカイの入口に建つモニュメント。
ラニカイのサイン・ボード。
目印のゴルフ場。
ゴルフ場の横の私道の先に入口が。
その坂道の途中に、今日の目的の場所があります。
それは、今やすっかりとメジャーなスポットとなってしまった「ラニカイ・トレイル(Pillboxes Trail)」っす。

オイラが登った当時は、下の写真の様にトレイルの入口に看板なんぞ無く「どっから登るの?」と一見迷う様な、知る人ぞ知る秘密のスポット的な雰囲気も漂ってましたが、実際に登ってみると近所のおばちゃんが犬を連れて散歩で登るくらいなので、周辺の住人にとっては元々メジャーなスポットなのでしょう(おばちゃんはあきらかに散歩的な格好だったもん)。
知らなきゃ、ココがトレイルの入口とは思わないはず。
フェンスの脇の登って行きます。
滑りやすいので注意。
ココを登り切れば。
晴れていれば素敵な景色が。
オイラがラニカイ・トレイルに登るのは、これで二度目になるんすが、前回は相方が「疲れたから、イヤヤ」と言い出したので、頂上まで登らず途中で引き上げた経緯が……。
なので、今回は頂上まで登り切るのが目標なのです。
それでは、早速登ってみるっす。

このトレイルの最大の難関は入口に集約されてると個人的には思う訳です。
所々、手すり用にロープが張ってありますが、斜面も急だし地面も滑るので注意が必要。
両手は開いている方が無難というか、常に自由にしておきたいです。
ラニカイのビーチとラニカイの町並。
つくづく晴れていればと。
カネオヘも見渡せます。
逆を言えば、ココさえクリアすれば「ラニカイ・トレイル」は制覇したも同然かな?
最初にして最大の難関を無事にくぐり抜けると、ラニカイの町と、その先に広がるラニカイ・ビーチを見下ろせる平らな場所に辿り着きます(狭いですけどね)。

ココからでも充分に素敵な景色が堪能出来るのですが、前回はココでリタイアしたので、今日は頂上のトーチカまで登るつもりっす。なので、ココはまだ途中経過に過ぎないっす。
ちなみに、このトレイルのゴールは頂上にあるトーチカです(たぶん。一応、トーチカの先にも獣道があって進めるけど、普通はこのトーチカを目標に登るはず)。
頂上はまだまだ先なのである。
サボテンの一種でしょうかね〜?
お。先客発見。
単純にラニカイの景色を楽しむだけなら、ココで引き返しても満足しない事もないっすが、より広大で素敵な景色を堪能したいのなら、やはり頂上まで登らないとね〜。

しか〜し、沖の方に目をやると、元々ヨロシク無かった天気が、さらに怪しくなって来てるんすよね……。山肌を這う様に吹き上げて来る風も強くなってきた事だし、風に煽られて崖から落ちないように注意して、写真を撮りつつ頂上のトーチカを目指すっす。
あら〜。素敵な天気になりそうな予感……。
海上は明らかに雨が降ってるわな。
この、ラニカイ・トレイルの頂上には二つトーチカがありますが、少し離れているだけで両隣に並んでいる様なモノなので、眺望的には大差は無いっす。ただ、大抵の人は手前のトーチカに立ち寄り、奥のトーチカにはあまり来ないので、じっくりと景色を堪能したい人は奥のトーチカがおススメかもしれない。

このトーチカはダイヤモンド・ヘッドと同じく戦時中に建てられて物らしいですが、ダイヤモンド・ヘッドと違って出入り自由。っていうか、ココを訪れる人はトーチカの屋根の上に登って景色を楽しむのです。しかし天気のヨロシクない今日は、海上を見てると所々雨が降っているのが分るので、様子を気にしながらの頂上滞在っす。
ラニカイの端っこ。
ワイマナロ方面。
ピーカンだったら、どんなけ青くなるんだろう?
風に負けずに頑張っていたけど、雨雲がコチラに向かって来てるかんじがチラホラと。
まあ、最悪の場合はトーチカに逃げ込めば雨風はしのげるけど、雨に降られずに済むには越した事は無いし、渇いた状態でもツルツルと滑る、あの道の事を思うと無事に下りられる自信が無いので、早々に退散する事にしましたっっ(カメラ壊したらヤダし)。

ラニカイ・ビーチとカイルア・ビーチ。

せっかく頂上まで登ったのに雨に降られるのを避けて、早々に引き返して来たラニカイ・トレイル。次回こそは「三度目の正直だぁ」と心に誓い、さっきまで眺めていたラニカイの町並をすり抜けて、ひとまず「ラニカイ・ビーチ(Lanikai Beach)」へと寄り道していくっす。
ピンクも鮮やかなプルメリア。
ラニカイ・ビーチ(少し天気が回復した?)。
さて、ラニカイ・ビーチにやっては来たものの今一つの空の様子。
先程のトレッキング中に見かけた、いかにも「降ってやる〜」的なドス黒い雨雲の姿は消えてるようっすが、空にはグレーな雲やら白い雲やらまだまだ沢山浮かんでるっす。

たま〜に、青空が広がったりするっすが、ほんの束の間の事なので素敵な青空には程遠い空模様……。てな訳で、消化不良的なラニカイ・ビーチを後にしてテクテクと歩いてカイルア・ビーチパークへ戻るっす。
カイルアに戻って来ました。
カイルア・ビーチの端っこ。
カイルア・ビーチ。
カイルアへと向かう途中、さ〜っと雲が履けて青空が広がった時には、さすがにキレイな海の色が望めたっす(そう言うときは写真を撮るのを忘れずに)。でも、長続きしないのが残念なトコっすが……。

カイルア・ビーチパークに到着したら、まずは空いているハイキング・テーブルを探し休憩っす。ただし、雨の心配が無くなった訳ではないので(この辺、雨で濡れてるし)、空模様を気にしながら休憩タイム。んで、一息ついたら人気の無いカイルア・ビーチの写真(やって来たよ的記録写真)を撮りブラブラと思っていたら、スクール・バスで団体さんが到着して、あっちゅう間に賑やかに。
スクール・バスが沢山。
決して天気が回復した訳では無い。
カイルアのバス停。
折り返して来たバスに乗るんだぉ。
一息ついたらカイルアの町へと戻る訳ですが、往きも帰りも歩いて行くのはさすがに勘弁なので、帰りはバスに乗って戻るっす。
事前にバスのタイム・テーブルは調べてあったのですが、そこは何と言ってもハワイ。
時間通りに来るとは限りませんが、運良く目の前をラニカイ行きの70番のバスが走り抜けて行ったので、折返しのバスに乗ってカイルアの町へと戻ります。

カイルアで買い物をしてみた。

バスに乗ってカイルアの町に到着(さすがにバスだと早くて楽チン♪)。 
いつもならと言うか、最近の一人旅では大抵このままアラモアナ行きのバスに乗換えて、カイルアを後にするのが常っすが、この時分は買い物熱もさほど冷めてはおらず(ちゅうか、財務に余裕があったのね)、この旅に同行していない相方のお土産を調達する事にしました。
「Chip & Cookie」。
量売りなのでメニューがある。
気に入ったんですが既にクロ−ズなのが残念(ワイキキ出店が失敗か?)。
まずは、降りたバス停と同じ通りのカイルアRd.沿いにある「チップ&クッキー(Chip & Cookie)」。に寄ってみたっす。これは特別にお土産って感じではなく「ハワイで買って来たから、食べようかね」的なモンです。ハイ。
こちらは名前の通りクッキーのお店で、この後ワイキキにも出店したのですが、現在はカイルア、ワイキキ両店ともクローズらしい(割と自分好みだったので、チト残念……)。
「So Kailua」既にクローズしてますが、同所に似た様なショップがオープンしてるらしい。
店内の様子。
店内の様子。
では、次ぎに本命のお土産調達っす。
向かったのは同じくカイルアRd.沿いにある「ソー・カイルア(So Kailua)」。
一応、こちらでは留守番組の相方用に夏らしいバッグを調達してみたっす。
アパレルのお店ですが雑貨類や男性物も扱っているので、割と気に入ったのですが、こちらも調べてみたらクローズしてるらしい(う〜む)。

コーヒー・ブレイク。

一人旅の移動はバス・パスを使ってのバス移動が基本なので、料金を気にせずに途中下車出来ちゃうのが有り難いトコ。で、バスを使ってカイルア・ラニカイやノースに出掛けた帰りには、ココで途中下車して一服して行くのがオイラのパターンとなってるっす。
ちゅうワケで、お馴染みの「アロハ・タワー・マーケットプレイス(Aloha Tower Marketplace)」でコーヒー・ブレイクっす。
バス停はもうちょい右手に(アラモアナ寄り)。
この先はダウンタウン。
何の事は無い発電所だったりする(でも、椰子の木ぼ影が何ともいえん)。
ちなみに降りるバス停は「Aloha Tower」っすが、手前のバス停でも問題は無いっす(アロハ・タワーって言っても、実際はマリタイム・センターの先なんだけどさ)。
ただ、このバス停で降りた方が信号待ちも無いし歩道に沿って歩けばスグなんで、もっぱらコチラを利用してるっす。

テナントの移り変わりの激しい「アロハ・タワー・マーケットプレイス」ですが、当時はスタバを始め「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー(Island Vintage Coffee)」や「バド・アス・コーヒー(Bad Ass Coffee)」など、コーヒー・ショップだけでも三店舗も入っていたり、JTBのツアーセンターがあったりして、それなりに賑やかだったもんです。
「Bad Ass Coffee」。
店内の様子。
コーヒー豆も買ってみたさ。
「Island Vintage Coffee」。
それでもアラモアナ等、他のモールに比べれば閑散とはしていましたが、オイラ的には適度な人混み具合で丁度良かったりします。
で、コーヒー・ブレイク用のコーヒーを顔見知りの店員さんがいた「Bad Ass Coffee」にしようとお店を覗いてみたら不在ぽっかったので、今回は「Island Vintage Coffee」へ行ってみる事にしたっす。こちらでラテを購入し、初めてついでにコーヒー豆も買ってみたっす。
灰皿脇のベンチに腰掛け、コーヒー・ブレイクを堪能したオイラでした。

カラカウア・プレートランチ。

先程降りたバス停から再びバスに乗り、向かった先はアラ・モアナSC。
せっかくアラ・モアナSCで下車したので、とある場所で遅くなったランチと夕食を調達してホテルに戻るコトにするっす(そう、この日はランチをまだ食べていないのである)。
確か当時、アラ・モアナSCにアップル・ストアがオープンした時だったので、店舗をチェックしにアラ・モアナSCをウロウロと(一応マカーなので)。
アラモアナのアップル・ストア。
お馴染みのドンキ。
「Kalakaua Plate Lunch」。
Kalakaua Ave.沿いにある最寄りのバス停。
そんなアップル・ストアをチョロ見しながら、アラ・モアナSCをすり抜けて、カヘカ(kaheka)の「ドン・キホーテ(Don Quijote)」を目印にテクテクと歩き向かった先は、プレートのお店「カラカウア・プレートランチ(Kalakaua Plate Lunch)」っす。

店名にあるようにカラカウア・アベニュー(Kalakaua Ave.)沿いにあるお店ですが、 今は悲しい事にクローズしてるっす。オイラはアラ・モアナ経由でのバス移動でワイキキに戻る際には、大抵ココに立ち寄りプレートを買っていたほどお気に入りだったお店っす。
今日のランチは「ガーリック・シュリンプ」のレギュラー・プレートとプリモ。
ちなみにコチラのお店は「暗い」、「汚い 」、「入るのに躊躇する」とネガティブな話題の多かったお店っすが、その見かけとは裏腹に中々いける味の良さと値段の安さに惹かれて、何度も訪れるようになったっす。
小さいお店ですがメニューも豊富で、プレート以外にもバーガー系のメニューもあったりして、ここのメニューを制覇するのが密かな野望だったけど……、もう、それが叶わないのが残念なトコっす(T_T)。

クヒオ・ビーチでサンセット。

遅いランチを済ませたら食休みを兼ねてホテルの部屋でマッタリ。
のほほ〜んと過ごしていたら、サンセットの時間がやって来たので再び外出っす。
いつもなら夕食の事も考えて行動するんすが、今日の夕食は既に購入済みなのでお店の閉店時間を気にしないで済むのが良いトコっす。けど、その肝心のサンセットがこの時期のワイキキの海には沈まないのよね(ーー;)。

まあ、そうは言ってもオレンジ色に染まる空とビーチの景色は捨てがたいワケで、結局写真を撮りに出掛けるんすけどね。で、昨日のサンセットはホテルから近い「フォート・デ・ルッシー・ビーチ(Fort De Russy Beach)」で撮影したので、今日は場所を変えてワイキキ中心部の「クヒオ・ビーチ(Kuhio Beach)」まで足を延ばそうと思うっす。
蛍光色のウキワが目立っていたお姉ちゃん'S。
多少の距離があっても、ワイキキ周辺のビーチは歩いて行ってしまうんすが、たまには「元を取る努力をしてみよう」ってんで、往きだけでもバスを使って移動するっす。どのみち、帰りは目に付いたお店を覗いたりして歩いて来ちゃうのでね(それに、夜のクヒオAve.は暗いし、チト恐いじゃん?)。

さて、カピオラニ方面へと向かうバスは頻繁に走ってはいるんすが、タイミングが悪いとそれなりに待たされるハメにあったりするのが玉に傷(時間に迫られてると気が気で無いのである)。
しかし、今回は運良くやって来たバスに乗る事に成功っす。
ボードの上に座り込んでる女の子(ひょっとして睨まれてたりして)。
では、適当なバス停で降りてクヒオ・ビーチへと移動するっす。
もう夕方とは言え、クヒオ・ビーチはいつもの賑わい。
違う点は昼間よりもサファーの姿が目立つぐらいでしょうか?

何度も書いている様に夏場のこの時期は、ワイキキの海にサンセットは沈まないので、サファーとか波ち戯れているお姉ちゃんのシッルエット狙いでサンセット撮影っす。
こちらは波打ち際で貝殻拾いしている女の子。
キラキラ光る波打つ水面を眺めつつ、たまにタバコを吹かしながら、思いついた様にカメラのシャッターを押していたサンセット・タイムも終了し、後はブラブラと夜のカラカウアAve.を歩きながら、お店を覗きつつホテル戻って夕食の時間っす。
今日はランチが遅かったので、お腹を空かすのに丁度良い運動かもしれないなぁ(ーー;)。

夕食はオレンジ・チキン。

さあさあ、ホテルに戻って荷物を置いたら、写真の整理をしつつ夕食の時間っす。
今日の夕食は先程のランチと同じくカラカウア・プレート・ランチで買っておいた、オレンジ・チキンのレギュラー・プレートっす。プレートの蓋を開けると、ものの見事に不健康まっしぐらな彩りをしておりますが、そんなこたぁヨロシイのです。
オレンジ・チキン(素敵な彩りだよね〜)。
夕食のお供はロング・ボード。
冷蔵庫に入れておいた訳ではないですが、冷房の効いた部屋に放置しておいただけあって、さすがに冷めております。熱で溶けていた片栗さんが冷めてノリの役目を果たし、お肉が固まっていますが、別にカチンコチンに固まっているワケではないので気にせずに頂きます。
ランチのお供はプリモでしたが、夕食のお供はロング・ボードにお付き合いいただきました。
ラナイから見たワイキキの夜景。
夕食後はいつものようにラナイで一服しながら、ワイキキの夜景撮りをしつつマッタリ、そしてダラダラと至福の時間を過ごして五日目も終了っす。
今回のハワイ旅は明後日には帰国する日程を組んでいるので、自由に動ける明日が実質的な最終日。寝坊しない様に気をつけないとね〜。

六日目に続くっっ!!
Travel Report in Hawaii Islands : Kauai & Oahu, Hawaii. July 19-26, 2008.