×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイ、オアフ島の旅行記。

Travel Report in Hawaii Islands : Oahu, Hawaii. July 15-23, 2006.
4day : July, 18, Tuesday.

早朝散歩。

前半戦も昨日で終了した中間地点の4日目。明日からは後半戦っす。
して、オイラ、4日目にようやく早起きスタイル復活!
5時過ぎに起きてボーッとしながら、まずは一服。
今日は早起き~♪ 外はまだ薄暗いっす。
シャワーを浴びて眠気を飛ばし、デジカメとiPodとペットボトルをリュックに詰めて、
いざ出発っす(^^)。
今朝のコースは、Ala Wai運河に沿ってKapahulu Ave(カパフル・アベニュー)へと進み、マラサダで有名な「Leonard's(レナーズ)」まで行き、ワイキキのビーチ沿いを歩いてホテルまで戻って来る予定。
ちなみに全行程徒歩っす、徒歩(^^;)。

一応、2時間ちょっとあれば帰ってこられるかなぁと無謀にも考えてるっす。
写真撮りながらなので、実際はどうなることやら……。
まだマラサダを食べたコトがないんで、一度くらいは食べておこうと、下心を胸に一人旅♪

というワケで以下、写真を中心にお送りいたしますです。
只今、Ala Wai運河移動中♪
ん? この先行き止まりぃ?
お、太陽が顔を出し始めましたね。
For Saleのビートル君。
途中、工事用のブロック? などをよじ登りつつ運河のスタート地点まで到着。
一服して休憩をとって、Kapahulu Aveに入ります。
しばし、休憩……。

まだ、太陽が完全に昇りきっていないので、涼しくて結構いい感じ(^^)。
しかし、間違っても日中はダメだな。ひからびてしまう(+_+)。

運河のスタート? 地点。
ココは図書館?
はぁ~。歩けど、歩けど目的の「Leonard's」は、まだ見えず。

去年、空港までの帰りのバスで見た時には「あ、コレなら歩いていけるかも?」なんて思って、今回行ってみようかと考えたすんが……甘かったかな?
第一、去年のホテルは「パシフィック・ビーチ・ホテル」、今年は「ゲートウェイ」。要はワイキキ横断っすからね。
そりゃ歩くわ……(^^;;)。

それでも何とか無事〜に到着(^^)。
朝もまだ早いのに、お客さん結構きてるっす(自分もそうだって?)。
おお! やっと着いた(^^)
ここまで、長かったのぉ……。
せっかく、ここまで来たので、自分達の分とHANAさん、kukuさんと先生へのお土産として、カスタード、チョコレートとハウピアの3種類を人数分調達(何故かオリジナルは買ってない)。

さて、目的の一つを達成したので、帰るとしますかね~。
って、またあの行程を戻るっつうこって、う~ん、ヘビィー(T_T)。
奥に見えるのは、ダイヤモンド・ヘッドの背中。
Kapahulu Ave.を下っている途中、朝日を背中に浴びる「Diamond Head(ダイヤモンド・ヘッド)」を眺めながら一路、ワイキキへ。
アンティーク・アロハのお店だっけ?
レインボー・ドライブイン。
「WAIKIKI BEACH MARRIOTT RESORT & SPA(ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ)」の脇を通り抜けてビーチに出る。そういえばマリオットの向かいは「Ocean Resort Hotel Waikiki(オーシャン・リゾート・ホテル・ワイキキ)」じゃん。初めてのハワイはココに泊まったんだよなぁ。
アラ、小さかった「ABC STO」が建替えられてキレイになってる。しかも大きいし。
マリオットの花壇のお花。
昔の面影は……ないほど立派になって(T_T)。
ふう~。これで行程はあと半分。しかし、この残りの半分が長いんだよなぁ。

途中、途中で写真を撮りつつ、無事ホテルへ到着。
と、その前にいつもの定番「Kimo Bean Coffee(キモ・ビーン・コーヒー)」のラテを買ってから、部屋へと戻るっす。
人もまばらな朝のビーチ。

HANALEI号でGo!Go!

オイラが放浪中、HANAさんから連絡があり、
「ラニカイへ行くけど、一緒に行く?」とお誘いがあり、喜んでご一緒させていただくコトに。
出発までに時間があるので、さっき買ってきたマラサダとラテで朝食。
さすがに、あんだけ歩いたらお腹減るっす。
開けてビックリ、MALASADAS……。
そうこうするうちに、HANAさんマンゴー(パパイヤだっけ?)片手にオイラ達の部屋に参上。
ハワイの太陽の下、ラナイで食す。
この部屋のラナイは広くていいっすよ。ただしお隣さんとは、確実にご対面するっすが(^^)。
ウォルマートで買ったフラじい。
今日は皆でドコ行くの?
まずは、フラの練習に出掛けているkukuさんと先生をpick up。
それからスタンドでガソリンを給油して、出発。
ではでは、出発~♪

Lanikai Beach

今回もラニカイに来れたっす。HANAさんThank you!
あ、でも今回は登りませんぜ。あの山には……。
トンネルを抜けると……。
ちょっと寄り道。
ビーチで各自、思い思いに過ごしたアトは、一旦カイルアの駐車場に移動。
ココで、トイレ&一服time♪
やって来ました、ラニカイ・ビーチ。
登りませんよ。今回は(^^)。
カイルア・ビーチ。
HANAさんが、デジカメの電池が切れるというので、ダイエーに寄り道してから、先生リクエストの「Hearing Stones」と「Birth Stones」を巡る旅へ(本来コレがメインだったりする)。
Daieiさん。
と、その駐車場。
先生は「つまんないかも知れないけど、ゴメンね」。
と言っておりましたが、オイラ達は便乗させてもらってる身だし、ハワイでの足を持たないオイラ達には、こんな機会でもなければ来ることできないし、全然okっす(^^)。喜んでお供いたしやすっっ。
HANALEI号ひた走る~♪
H3からh3に乗り換え。
知人の方に書いてもらった、ラフな地図を片手に右往左往? しながら目的地に到着。
先生曰く、「ココは写真に撮ったらダメなの」の言葉にシュンとするHANAさんとオイラ(^^;)
(後日、日本に帰ってきて雑誌やweb等を見ていたら、ココもそうっすが後から寄る「Birth Stones」も普通に写真に撮られて載ってるし……)

Hearing Stones & Birth Stones

着いてみると、普通に住宅地の中にポツンとある。何も知らなければ多分通り過ごすかも?
さて、先生を先頭に皆してお祈りを。
まずは裸足になって「Hearing Stones」を祀ってある祠の前まで歩き、正座をしてお祈り。
ハワイの太陽に照らされたコンクリが熱い(^^;)。
フラをやっているワケでもなく、特に信仰するものないオイラ。
ま、それでも一応、目を閉じ無心でお祈り?(先生、ゴメンっっ。別に茶化してるワケじゃないのよ)

ココから出て行く時は「背中を見せてはいけない」とのコトなので後ずさりしながら、ズリズリと。
感極まって、涙している先生を乗せて、次の目的地「Birth Stones」へ。
実は、ココから直ぐ近くにあったりするのだな。
多分ここは普段気づかずに通り過ぎている人も多いと思う。
バスやレンタカーで「North Shore(ノース・ショア)」に出掛けるなら、横を通り過ぎるので気付いている人もいるかも知れないけどね。
Birth Stonesの入口の目印。
この奥に、いよいよBirth Stonesが。
で、普段見慣れている日本の街やワイキキの街とは、正反対の静寂さ。
まず、他に人がいない(でも、訪れる人達はいるようで、所々にお供え物がしてあった。やっぱり神聖な場所なんだと思う)。
パッと辺りを見回しても人工の建築物は、目に入ってこない。
見えるのは、空と山と草原だけ。
特別な感情を持っていなくても、普段とは違う気持ちになってくる。
不思議なもんである。
奥に見える、大きな木の下にBirth Stonesがある。
さて、神聖な場所を巡るミニツアーはコレでひとまず終了。
アトはいつものノリで進むのであ~る。

ハレイワでランチ・タイム♪

「お腹が減った~」
と言うコトでランチタイムにすることに♪
さあ、次はハレイワだ。
駐車場に車を停めて、各々好きな物を調達して来るコトに。
う~む。ドコでランチをGetしようか?
あ、そうだ。以前CSで観て一度行ってみたかった「Gras Skirt Grill(グラス・スカート・グリル)」に行ってみよう。
ココは魚系のプレートが有名らしい。
付け合わせのサラダも、お決まりのマカロニ系ではなくグリーンサラダ。
一見ヘルシーそうだが、そこはそれ。ここはハワイなので当然ボリュームはBig。

アヒステーキのプレートを頼もうとしたら、売り切れで、小鈴に聞いたら「プレートは食べきれない」というので、マヒマヒとポークなんとかのバーガーをオーダー。
店内には日本人(多分)の女性もいるので、英語がしゃべれなくても大丈夫(^^)。
「Gras Skirt Grill」。
「Gras Skirt Grill」の店内。
ここのオーナーは陽気で気さく。写真を頼むと快くok!

最初は普通に、女性と二人でポーズをとってくれていたのですが、そのうち「come on」とオイラ達をカウンターの中に招き入れて、一緒に写真を撮ってくれました(撮影は日本人の女性の方がしてくれました)。
ちなみに、この時、小鈴を指差して「new staff♪」と言っておりました(働く?)。

その後、駐車場に戻り車で「GIOVANNI'S(ジョバンニ)」のワゴンまで移動。
HANAさんと先生はここでShrimpを購入。
そのままココのテーブルで各々が買ってきたモノを並べて、仲良くLunch Time♪
GIOVANNI'Sのワゴン。
Gras Skirt Grillで買ったバーガー。
ちなみにkukuさんは「KUA' AINA(クアアイナ)」。
実はHANAさんは「KUA' AINA」でも買っていたりして……。
「そんなに買っても食べられないでしょ~」と言うkukuさんに、
「だって、食べたいんだも~ん♪」と言うHANAさんだったのである。

あ、そうそう。先生が食べきれないと言うので、お裾分け頂きました。
初「GIOVANNI'S」っす
先生、ありがとっす。うまかった(^_^)。
Northshore Marketplace。
Northshore Marketplace。
食後の一服をしたアトは「STRONG CURRENT(ストロング・カレント)」へ。
皆様スイッチONっす。オイラもTシャツをお買い上げ(^^)。
その後はトイレ休憩も兼ねて「Northshore Marketplace(ノース・ショア・マーケットプレイス)」で、少々holoholoしてからハレイワを後にしたっす。

Doll Plantation

「たいした所ではないけど、せっかくだから寄ってみる?」
と、HANAさんのお言葉に甘えて「Doll Plantation(ドール・プランテーション)」へ。
何もないな誰もいないな 快適なスピードで♪ 道はただ延々続く 話ながら歌いながらぁ♪ と。
先程の台詞とは裏腹に皆様、店内に入ると再び買い物モードにスイッチON!
クモの子のように店内に散っていったっす。
有名なパイナップルソフトはあまりにも並んでいたのでパス。
ドールのTシャツを着た黄色のくまのぬいぐるみを見つけ、小鈴がget。
クマ好きでティディベアを集めているという先生も、しっかりとgetしてました。
どぉ~るっす。
ぱいなぽー。
なんやかんやと結構な時間いたのかな?
それぞれの成果を手に、ワイキキに向けて出発っす。

夕食難民?

「Ward Warehouse(ワード・ウエアハウス)」に立寄りholoholoした後に、オイラ達は「Ala Moana Center(アラモアナ・センター)」で降ろしてもらって、ココでHANAさん達とはお別れ。今日はホントにありがと~!

「Ala Moana Center」では、お決まりの「Old Navy(オールド・ネイビー)」と「Island Snow(アイランド・スノー)」でお買い物♪
帰りの足は、JCBのキャンペーン中なので「Waikiki Trolley(ワイキキ・トロリー)」のピンク・ラインで帰るコトに。

「さぁて、夕食はどうすっかなぁ」なんて考えながら乗ってると、Saratoga roadとKalakaua Aveの交差点で信号待ちしていたに、外から乗降口を上ってきた外国人の女性が話しかけ、会話のあと降りてトロリーの前を横断しようとして、発作なのか、足をくじいたのか何かわからないっすけど、急に道路に倒れ込んでしまったんす。

運ちゃんも「どうしようもないね」って感じっす。
進路を塞がれた状態のトロリーは発車するコトは当然出来ません。
とりあえず救急車とパトカーを呼んだみたいなので、どのみち動けないのか? 
他の車はオイラ達の乗っトロリ−を避けて、次々と追い越して行くっす。
ホテルは目の前に見えるのにぃって感じっす。

別に心配してないワケではないのですが、運ちゃんや周りの雰囲気から察すると大したことないみたいなので。途中でもココで降ろすとか、別のトロリーに乗り換えるとか、そんな雰囲気もあったんすが(英語判らないんで感覚で)、結局、十数分間乗ったまま。
最終的には、そのままDFSまで乗って行くコトにしたっす。

既に時間は8時を過ぎ「腹、減った~」。
何か買って帰ろうかと思っても、店仕舞いを始めてるトコが多くて「はて? どうしよう」。
結局、「Subway(サブウェー)」でサンドイッチ買うことに。でも、ココも店仕舞いの時間が近いようで、出来ないメニューも多々ありって感じで選択肢はあまりなし(T_T)。
Wardにて……。
うりゃ〜、とりゃ〜。
早朝から行動していたので、さすがにお疲れモードのオイラ。
今日はコレでお休みっす。

5日目に続くっっ。
Travel Report in Hawaii Islands : Oahu, Hawaii. July 15-23, 2006.